PFIの効果

民間資金等の活用による公共施設等の整備等に関する事業の実施に関する基本方針

  1. 1.低廉かつ良質な公共サービスが提供されること
    PFI事業では、民間事業者の経営上のノウハウや技術的能力を活用できます。また、事業全体のリスク管理(*)が効率的に行われることや、設計・建設・維持管理・運営の全部又は一部を一体的に扱うことによる事業コストの削減が期待できます。 これらにより、コストの削減、質の高い公共サービスの提供が期待されます。

    *リスク管理
    事業を進めていく上では、事故、需要の変動、物価や金利の変動等の経済状況の変化、計画の変更、天災等さまざまな予測できない事態により損失等が発生するおそれ(リスク)があります。PFIでは、これらのリスクを最もよく管理できる者がそのリスクを負担します。
  2. 2.公共サービスの提供における行政の関わり方の改革
    従来、国や地方公共団体等が行ってきた事業を民間事業者が行うようになるため、官民の適切な役割分担に基づく新たな官民パートナーシップが形成されていくことが期待されます。
  3. 3.民間の事業機会を創出することを通じ、経済の活性化に資すること
    従来、国や地方公共団体等が行ってきた事業を民間事業者にゆだねることから、民間に対して新たな事業機会をもたらします。また、他の収益事業と組み合わせることによっても、新たな事業機会を生み出すこととなります。PFI事業のための資金調達方法として、プロジェクト・ファイナンス等の新たな手法を取り入れることに加え、株式会社民間資金等活用事業推進機構が、金融機関が行う金融及び民間の投資を補完するための資金供給等を行うことにより、我が国におけるインフラ投資市場の整備の促進につながることも予想されます。このようにして、新規産業を創出し、経済構造改革を推進する効果が期待されます。