機構とは

代表者あいさつ

  • 古賀 信行
    代表取締役会長
    古賀 信行
  • 足立 慎一郎
    代表取締役社長
    足立 慎一郎

株式会社民間資金等活用事業推進機構は、我が国における公共施設等の整備等に関し、民間の資金や経営ノウハウおよび技術力を活用することを目的として、2013年10月に政府と民間企業の共同出資により設立された、本邦初の本格的なインフラファンドです。

我が国では、少子・高齢化、公共施設等の老朽化、国・地方の財政状況悪化をはじめとする様々な課題に直面しており、真に必要な社会資本の整備と財政の健全化を両立させることが、大きな国家的課題となっています。そして、これらの課題を解決するとともに、地域活性化や地域創生につなげる手段として、民間の資金やノウハウを活用できるPFIや幅広い官民連携(PPP)を一層推進することが求められています。

そのような中、当機構では、設立以来、空港コンセッション事業等をはじめ多種多様な事業を立ち上がり段階から支援するとともに、数多くのPFI事業にリスクマネーを供給してまいりました。また、地方自治体をはじめとする関係機関に対して、関連制度や具体事例などの情報提供等を継続して行い、PFIや幅広いPPP手法の普及などにも鋭意取り組んできたところです。

ご案内のとおり、近年では、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、我が国の経済・産業・地域も大きな影響を受けました。自然災害多発・気候変動等もふまえた持続可能でレジリエントな地域の形成や、地方自治体の事務事業デジタル化等による生産性の向上、新型コロナ等による影響を受けた地域経済・財政のリカバリーなど、早急かつ適切な対応が求められる課題は増加の一途を辿っています。そして、これらの状況をふまえれば、今後PFIや幅広いPPP推進の必要性は、より一層高まっていくものと考えられます。

当機構では、今後も国や地方自治体、民間事業者、地域金融機関等との密な連携を通じ、多様化・複雑化する地域課題・社会課題の解決や、そのためのPFI・PPPの更なる推進へ向け、川上から川下まで一層積極的に貢献してまいりたいと考えています。

今後とも皆さまの格別のご支援・ご協力を心よりお願い申し上げます。

令和4年4月